ドローンの無線免許

ドローンも無線使ってるけど、免許ってどうなってるの?

日本国内で、ある程度の電波を出すには免許を取る必要があるんです。

普通、国内で売られているドローンに関しては
販売されているホビー向けドローンには無線免許は必要ありません。

使用する電波の強さが弱いからなんですけどね。。

ただ、遠くまで飛ばしたり画像をしっかり送ってもらうには電波を強く出さなくてはダメです。

産業用のドローンとか、レース用のドローンとかは
無線の免許が必要になります。

で、それらを使えるようになるための無線の免許って日本国内では
めんどくさくて

無線をできる資格がまず必要なんです。
それが、無線従事者免許証という国家資格

具体的には、必要な資格として

ドローンを趣味で飛ばして遊ぶ場合には
第4級アマチュア無線技士以上の免許証。

プロで、実際に仕事で使うためには
第3級陸上特殊無線技士以上の資格が必要になります。

プロ、アマありますが
個人的に、国家試験などの難易度を見た場合
4アマ(第4級アマチュア無線技士)の資格より、
3陸特(第3級陸上特殊無線技士)の資格取得の方が
容易な感じがしました。

まぁ、アマチュア無線実際にやってる方なら
少し復習すれば取得できそうな感じです。

できれば両方取得しておくのがいいと思います。

次に、実際に無線を使用するときには
無線従事者の資格の後に

無線局の免許状を得なければなりません。

無線従事者は、無線局を運用することのできる資格
で、免許証(国家資格です)もちろん公的な身分証明書にもなります。

実際に無線を使う機器や無線局に関しては
免許状(放送局でも、飛行場の管制塔や飛行機でも、船舶でも、みんな必要)
が必要になります。

免許証と免許状 違いがわかりましたか?^^

特に、4アマ持ってると普段から、非常時から使えるので
ぜひ取得してみてはいかがでしょうか。

文系の方でも、問題ありませんよ。。

1+

ドローンの無線免許” に対して1件のコメントがあります。

  1. Daisy* より:

    ドローンで撮影してみたいです
    特に花畑の上からとか渓谷とか
    免許がいらないから練習だけで良いならハードル下がりますね

    0
    1. saito より:

      あれ結構面白いですよ〜^^

      0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です