フォネテックコード

フォネテックコードって知ってますか?
アマチュア無線や、軍関係(NATOやその他)航空無線などプロの通信など
無線でよく使われてる聞き取りにくい場面でも

正確に文字や数字を伝えるために使用されるコードです。

よく海外ドラマなどでもよく出てくるのでなんとなく聞いている人も多いかも。。
例えば、海外ドラマなどで無線でFBIやCIAなどの交信時
アルファワン デルタワン デルタツー 準備OKか?
とか、こんな感じの言葉聞いたことがあると思う
これ字に起こすと
A1 D1 D2 ready?
という感じ。
つまり
エーワン ディーワン ディーツー OK?みたいな。。
無線でやると、聞き間違えやすかったりするので
アルファベット、それぞれに

言葉を決めてるんですね。
その決められた言葉を、フォネティックコードと言います。

特にPとかTとか普段聞き取りにくいですよね
これを、フォネティクコードを使っていうと
PT ーー> パパ タンゴ
という感じで使います。
日本では、フォネティックコードを
欧文通話表などとも言いますけど
みんなも覚えていると、かなり便利ですよ。
自分もよく使ってます。

一覧表下に貼っておきます

PDFですので、自由にダウンロードしてください^^

下クリックしてみてね↓

フォネティックコード

 

0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です